共同エンジニアリング

最適なソリューションを創造

今日の産業車両市場の競争は激しく、メーカは高いパフォーマンス性を持った車をつくることが求められています。インモーションは車両の電動化において長い経験を積み、OEMである車両メーカ様に最適なソリューションを提供します。

お客様のニーズに合わせて、部品メーカとしての役割を果たしていますが、時としてそれ以上の役割、すなわち車両制御システムの設計をさせていただくこともあります。そのような例として、スイッチ一つで動く車両全体を制御するシステム一式をご提供したこともありました。
小さな調整からシステム全体の課題まで、インモーションはいつでも柔軟に技術サポートをご提供します。

フレキシブルなプラットフォーム

電動車両という製品の特性上、ほぼすべてのお客様は何らかのカスタマイズをご希望されます。そこで、個々のお客様に合わせて一から設計するのではなく、標準品を土台となるように設計し、それぞれのお客様用に標準品をカスタマイズする方法をとっております。これを私たちは共同エンジニアリングと呼んでいます。

インモーション製品のハードとソフト両方の土台になっているプラットフォームはフレキシブルで、この共同エンジニアリングを可能にしている重要な要素です。各製品がプラットフォームを共有することは、より多くの製品を短期間で開発できるという量の側面と、”マイレージ”という質の側面、ともに利点があります(”マイレージ”とは、バグや不良を取り除いていく積極的品質保証活動のことです)。

ほとんどすべての開発において、ソフトウェアはカスタマイズされます。デフォルトのパラメータ値の調整といったシンプルなレベルから、エラー処理のカスタマイズおよびお客様固有のアルゴリズムの追加といった高度なレベルまでさまざまです。
インモーションのソフトには、共通のプラットフォームの上にこのようなカスタマイズを可能にする優れたインターフェイス=アプリケーションソフトが搭載されていますので、抜群の柔軟性でお客様の希望を実現していきます。

もちろん、ハードウェアのカスタマイズも承ります。

カスタマーフォーカス

各拠点のセールス&アプリケーションセンターには、カスタマーフォーカスを第一とするチームがおり、いつでもお客様をサポートします。共同エンジニアリングの理念の下、お客様の開発がスムーズに進むようにあらゆる面で力となります。
ローカルチームはもちろんのこと、時には弊社製品の開発中心である設計センターからエンジニアを派遣して、より高度なサポートもいたします。

製品サイクルを通しての一貫サポート

インモーションは開発が終わってもサポートを続けます。量産開始後の品質維持は非常に重要だと位置付けております。さらには、量産終了後の補給部品の安定供給にもコミットし、製品サイクルの最初から最後まで、一貫したサポートを続けてまいります。

Related information

お問い合わせはこちらから
地域密着型のサポート グローバルにお客様の地域でサポートします