インバータ

インモーションは、産業用電動車両用パワーエレクトロニクス・コンポーネントのリーディングサプライヤです。
産業用電動車両のほとんどすべてのアプリケーションに、モータコントローラ(インバータ)を供給しています。特に、インモーションが力を注いで開発したファームウェアソフト PLASMA (プラズマ)は、スマートに効率良くお客様のすべてのニーズを実現します。また、ハードウェアにおいても、標準プラットフォームをベースとしてお客様の仕様に合わせたカスタマイズが可能です。

Drives_lineup_2017.01.30ACインバータ

ACS 低電圧用インバータ

1990年代の半ばに登場して以来、ACSは進化と発展を遂げてきました。産業用電動車両用で、バッテリー電圧24~80V、出力10~50kVAに適応し、ほとんどすべてのアプリケーションをカバーしています。ACSの第六世代 ”ジェネシックス” は、2011年のリリースから、さまざまな分野で使用されています。現在、セグウェイのような立ち乗り電動二輪車からフォークリフト、最大のものでは木材伐採用のハイブリッド林業機械まで、幅広く使われています。

ACH 高電圧用インバータ

ACHはバスや建設機械などの大型産業機械用の、高出力インバータです。750Vまでの稼働電圧、400kVAまでの出力に適応します。非常に過酷な条件下でも、安定したパワーを提供できるインバータです。
2009年にACHシリーズの最初の量産品が出ました。その後小型化され、機能も充実し、コストも削減された第二世代品が2015年に発売開始されています。

APS ステアリング用インバータ

APS は、ステアバイワイヤ用の小型インバータです。EN/ISO13849の安全機能二重監視機能を持ち、ますます厳しくなる欧州規格にも適合しています。APSは複数のモータやセンサーからなるシステムにも対応し、スタンドアロンのステアリング・サブシステムとしても、スレーブとしても、あるいはその両方をミックスした形でも稼働できます。 さらには、ステアリング以外の用途において小型インバータとして適用できます。

プラットフォームという考え方

Platform_pictureさまざまなアプリケーションで得た経験を活用し、設計段階での試験効率を最大限にするため、インモーションは、ソフトウェアの土台となる、プラットフォームを創り出しました。インモーションの長い経験の中で、安定性や高い機能性が実証されている部分を共通のプラットフォームに組み込むことで、新しいアプリケーションでもそれらをフレキシブルに、すぐに活用できるようにしたのです。このプラットフォームがPLASMA(プラズマ)ファームウェアです。

インモーションのインバータはすべて、このPLASMAファームウェアをベースに共有しています。PLASMAファームウェアには、各種モータに対応するベクトル制御やCANopenやJ1939などの通信プロトコルといった基礎機能から、速度制御や位置制御、その他の車両機能制御のような高度な機能までが組み込まれています。まざまなハードウェア構成に適用するのも容易で、インターフェイスとなるアプリケーションソフト部分はお客様のすべてのニーズをオーダーメイドで実現できます。また、 PLASMA は厳しい規格である Automotive SPICE®EN/ISO13849-1に準拠して開発されています。

新しい製品であってもPLASMAを土台としている限り、個々のモジュールはすでに市場で十分検証されているという信頼性が得られます。さらには、新しい製品の改良や技術革新を古い製品に還元することも可能となるのです。

Related information

ACS 低電圧用インバータ 24-80V
ACH 高電圧用インバータ 300-700V
APS3 パワーステアリング用コントローラ